2019年10月

2019年10月28日

新羽 西方寺

北新横浜に用があり 待ち時間があったので 隣の駅で近くの新羽の西方寺に行ってみました
9月に彼岸花の撮影で行き 人人でいっぱいでしたが 今回は 誰もいません 静か
彼岸花は葉っぱのみになっていました
DSC08234
でも
一輪 ようこそ!と 咲いていました
遅れ花 いい感じ
DSC08279
柿の葉が色づいて
DSC08239
この大木の下にいると
ホッとします
DSC08262
ちょっと いい時間 でした

北新横浜には PET検査のためにきました
行っている病院に機材がなくて ここで検査します
初めて来ましたが けっこう大勢の方が検査に来られていました
同じくらいの時間の方は 昔 住んでいた六浦の方で 5年ぶりに2回目だそうです
病気が再発されたようです
ほとんどのかたが 付き添いつきでいらしてました
はい 私も付き添いです
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ


kikosanti at 23:40|PermalinkComments(0)写真 | 今日のできごと

2019年10月24日

写真たち

今回 出品の写真たち
三溪園にて昨年12月上旬に撮影
相当ハイキーに
「晩秋三彩」
2019芸1
9月港北区西方寺にて
曼殊沙華を撮りにいったのですが あまり咲いていませんでした
上を見ると
ウロコ雲の青空 百日紅 虫食い桜の葉っぱ
「夏の終わりのハーモニー」
2019芸2
令和元年5月1日 令和初日 開港記念会館で戴冠ミサを聞きました
この時 休憩時間に見た光景
わぁメルヒェン!と スマホで
「ジャックの塔へ」
2019芸桂
「晩秋三彩」のバックが青空でなく曇りで白だったので
紙に書いた感じにしようと 今回 マット紙に印刷してみました

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ
 


kikosanti at 22:49|PermalinkComments(0)写真 

2019年10月23日

今日の写真展 ジェーコム取材 富士山初冠雪

23日 一日中 写真展当番
この日は地域ケーブルテレビ ジェーコムが午前中 取材に来てくれました
たくさんの映像を撮られていました
11ch デイリー横浜で今日放映されました
DSC08154
たくさんの写真が放映されました
私の写真&姿も ちょっと写っていました (^^♪

朝 写真展に行く途中 城山橋で
sDSC08139
初冠雪の富士山が半分見えています
このマンション工事が始まる前は 全部見えていたのですが・・
stDSC08136
2日前の大雨で積もったのかしら?
なんだか うれしいですね
富士山は白い方がいい!!

写真展当番後は 楽友の練習へ
帰宅は 午後9時5分前
ジェーコム放送に間に合った!

1日仕事 ツカレマシタ!!

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ



kikosanti at 23:31|PermalinkComments(0)写真 

2019年10月21日

明日から区の写真展

明日22日から 区の写真展が始まります

私の会 写楽は 今回キャンセルの方が多く 苦労しました
18枚揃えなくてはなりません
出てくるまでギリギリまで待って
締め切り過ぎたところであきらめて 何人かにお願いします
今回は私も万一を考えて用意していたので ダブルで出品
他の会もあるので 計3点になり 少々心苦しい

各人のキャプションを作り 区内の写真歓迎ということで 栄区写真です!というシールを作る
90×90のパネルを2枚持参 持ってきてくれた2Lの区内写真を貼ります
集まるといいけど・・少々心配

あと文房具など持参
体調不良の方々の写真も預かっています

明日13時オープンです
お時間ありましたら お出かけください

s2019gei-photo01_t

今回は 三溪園で撮った木の写真「晩秋三彩」
西方寺で撮った空と百日紅の写真「夏の終わりのハーモニー」
開港記念会館で撮ったスナップ「 ジャックの塔へ」
以上3点です

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ


kikosanti at 22:01|PermalinkComments(0)写真 

2019年10月20日

「こきりこ」への思い

合唱祭無事終了です

今回 参加させてもらった「こきりこ」
もう何十年も前 母は 民謡研究をしていた仲間と 当時は過疎地で 行くのも大変であったろう五箇山に行って習ってきた「こきりこ」
当時は誰も知らなかった歌だった
大舞台で踊る母  初めて聞いたその歌に とても惹かれ 心に残った
それから 何年も経ったころ 教科書にも載るようになり 有名になっていった

この「こきりこ」を 作曲家の岩河三郎さんが女声合唱曲に編曲された

それから何年も経ち 母が存命だったころ
「こきりこ」を歌うので 聞きに来てと頼んで 演奏会に来てもらった
喜んでもらえると思ったのだが
母は 洋曲になった「こきりこ」に違和感を覚えたようで
あまり いい感想が聞けず
私は
母には母の「こきりこ」
私には私の「こきりこ」なのだと
納得するしかなかった

そんな思い出の「こきりこ」
母が五箇山で手に入れた 小切子(7寸5分のスス竹)をうちならし
ササラ踊りを友人が舞ってくれました(you cubeで練習したそうです)
小切子の竹に 母の温もりを感じながら 歌えて ほんとうによかった 
 
団員でないのに 参加させてくれた 合唱団に感謝 です
(当時団員だった)

こきりこ節

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ