ブログ村に参加中!
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ
ブログ村に参加中!
↑1日1クリックで
応援してね!
よろしくお願いします!
ブログ村に参加中
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • 皇帝ダリアと残月
  • 施設の文化祭
  • 勤労感謝の日
  • 勤労感謝の日
  • 勤労感謝の日
  • 勤労感謝の日
最新コメント
メッセージ

きこさんだけへのメッセージは下記よりお願いします。 公開されません。

名前
メール
本文
2019年09月01日07:27大曲の花火
8月31日 NHKで 大曲の花火をやっていたので
ビール飲みながら 枝豆食べつつ テレビで 花火見物
花火師の大会ということで 素晴らしいのが続々
ストーリーがあって 音楽に合わせて 日本の花火はすごいなぁ
最後の花火と音楽とセリフ入りのミュージカル
平成元年に生まれた人の人生模様
セリフが全部が聞き取れなかったけれど
なかなかよかった
その子が先生になって
こどもが 宇宙飛行士になりたい!
これだったかな(テレビの画像から)
DSC02239
画像から写真を撮るのは
けっこう 大変でしたが
ましなのを1枚
DSC02253
そして
最後に 花火大会が終わって
お客さんが スマホなどのあかりで 花火師に「ありがとう!」と手をふる
DSC02261
花火師も 手をふる
DSC02265
いい光景でしたね
機械的に花火は上がるんじゃなくて
花火師が 一生懸命に作ってくれて それを上げてくれるから見れるのですよね
また それを見てくれる人がいるから 花火大会ができるのですね

花火師の方たちって 作っている花火は 実験できないわけでしょうから
この 会場で初めて 自分の花火がうまく思った通りに上がっているのかどうか
確認するのでしょうね
風や雨また煙の流れ方など 自然条件は前もってわからないでしょうから
うまく 思った通りの形や色が出ると うれしいでしょうね

私の初花火の記憶
こどものころ
横須賀の小川港 今の神奈川歯科大のあたりかな 当時は入江の奥になっていた
そこに魚市場があり 母と二人で立ったまま見た

多分花火大会のポスターで知り 見たくてたまらなくなり せがんで連れていってもらったのだ
見たくて見たくて たまらなかった

とぎれとぎれに間を開けて 目の前でドーンと上がる花火
多分尺玉だったろう
きれいだった
何発か上がると そのうち上がらなくなり いつの間にか 終わった
昭和30年ごろの花火は そんなものだった

今はすごい
音楽に合わせて 何千発 コンピューターで上げるとか
リズミカルにバンバン上がる の なんて すごい
今年は どこにも 行かれなかったので テレビで 見る花火
少々 迫力に欠けるけれど・・・
感動は伝わってくる(^-^)v
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ


コメントする

名前
 
  絵文字