ブログ村に参加中!
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ
ブログ村に参加中!
↑1日1クリックで
応援してね!
よろしくお願いします!
ブログ村に参加中
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • 皇帝ダリアと残月
  • 施設の文化祭
  • 勤労感謝の日
  • 勤労感謝の日
  • 勤労感謝の日
  • 勤労感謝の日
最新コメント
メッセージ

きこさんだけへのメッセージは下記よりお願いします。 公開されません。

名前
メール
本文
2020年07月14日23:00風呂場での事故
よく聞くことですが
風呂場での事故
最近もそんなことが起きて 知り合いが命を落とされました
今までにも 友人で そんなことだった こともありました
知り合いではなくとも
助けに行った奥様も ともに という 話も聞きました

前にテレビで それに関する番組で聞いたこと
「危ないと思ったら 水栓を抜く」ということ
少なくとも水死は防げます
状況にもよるけれど 命の危険があるときですから そんな余裕はないかもしれない
でも 水栓を抜こうと 思っていれば 倒れる前に必死で抜くことができるかもしれない
とも 思います

しかし そんな状況で
水栓を抜いて助かった
という話は 聞いたことがありません

でも 少なくとも 心に刻んでおこうと
思います

それから 
もしも 大やけどの時は
服を着たままでいいから 水をかけて 冷やす
そう 聞いています

追記
実は 写真のともだちが 
もうずいぶん前になりますが 25年くらい前かな
自宅でストーブの上にのったやかんの熱いお湯を足に浴びて 大やけど されました
ご家族は 必死で はいていた細身のGパンを脱がして・・・
彼女は 「なにしろ痛かったのよ 痛いよ痛いよ」とずっと叫んでいたそうです・・
結局 歩くことは不自由で いつも杖をついてられました
それからも 違う世界の写真を撮り続けてられました が
それから15年くらい後に
お風呂で亡くなられた のです
あっちでも
彼女のことだから
写真を撮っているかな?
ご冥福を祈るしかできません・・・


コメントする

名前
 
  絵文字