ブログ村に参加中!
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ
ブログ村に参加中!
↑1日1クリックで
応援してね!
よろしくお願いします!
ブログ村に参加中
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • 季節外れの
  • 季節外れの
  • 季節外れの
  • 青空 富士山
  • 青空 富士山
  • 満月の話題
最新コメント
メッセージ

きこさんだけへのメッセージは下記よりお願いします。 公開されません。

名前
メール
本文

東日本大震災

2018年03月11日23:23雨ニモマケズ
7年になりました


あの日のことは 忘れません


先日の書道展に出品されていた


「雨ニモマケズ」


b8771441.jpg



文字精霊


字のちからを感じる書です






ブログ村に参加中


↑↑↑↑↑↑↑↑↑


1日1クリックで応援してね[E:happy01]









2016年03月25日23:34新井栄司さん震災写真展
さくらラウンジにて 写真展


震災の写真ですが とてもいい写真がたくさんあります


ぜひ お出かけください


3月29日3時まで さくらラウンジは10時から4時開館


9f352b65.jpg





b4aafeae.jpg



 


81818339.jpg





78ca57eb.jpg







 




明るく きれいな いい写真がたくさんあります


新井さんは難病を患いながらも 写真を撮ってられます


なにか 希望の光が見えてくるような感じがしました


新井さんのあいさつ文です


7053af49.jpg





これだけ たくさんの写真


飾るの大変だったことでしょう


1日半かかったとか スタッフさんに聞きました



 




[E:happy01]


[E:happy01]




   ↑↑↑↑↑↑



日本ブログ村に参加しています!



↑1日1回応援クリックをしていただけるとウレシイです[E:happy01]





 



2016年03月11日21:23「ふるさと」が歌えない!

3月26日の



「ふるさとを想うコンサート」ですが



このコンサートでみんなで一緒に歌う曲の選曲のとき



「ふるさと」は歌いません と



♪兎追いしかの山 小鮒釣りしかの川♪



この歌を歌うと 涙が止まらなくなってしまう方が多いので 集会のとき「ふるさと」は歌わないんです



と 聞きました



帰れない ふるさと



原発でふるさとを離れ 避難している方々の 深い深い 悲しみ 苦しみを 思いました



[E:happy01]





   ↑↑↑↑↑↑



日本ブログ村に参加しています!



↑1日1回応援クリックをしていただけるとウレシイです[E:happy01]






2016年03月09日23:27福島支援のコンサート

東日本大震災 原発事故から間もなく5年です



原発から避難して神奈川県に住んでいられる方が3000人以上もおられるそうです



その方々を支援されている団体が3月26日(土)午後1時半より あの有名な横浜開港記念会館の講堂でコンサートを開きます



「東日本大震災から5年・ふるさとを想う」inよこはま♪♪♪



「オペラ夕鶴」などにも出演されている高橋啓三さんを中心に 活躍中の新進気鋭のクラシック若手歌手のみなさんが よく知られた歌曲などを歌ってくれます



皆さんで歌うコーナーもあります



入場は無料ですが 整理券が必要です



定員は400名



福島などから避難されている方々と一緒に 歌を聞き 一緒に歌う 



よろしかったら どうぞお申し込みください



a3d1e0da.jpg


d055f3e1.jpg



かながわ避難者と共にあゆむ会



[E:tulip]



[E:happy01]





   ↑↑↑↑↑↑



日本ブログ村に参加しています!



↑1日1回応援クリックをしていただけるとウレシイです[E:happy01]




2012年11月23日23:30大震災行方不明

今日テレビを何気なく見ていたら



三陸で大震災後に発見された遺体の身元の判明に尽力されている方々の報道を見ました



遺体はもうお骨になっているが 骨格などから生前のお顔の似顔絵を描いて それを元にどなたの遺体か探していく



捜索願いが出ていればわかりやすいが そうでない人もいる



似顔絵をたよりに探して探して さる男の方の消息がつかめた



日ごろだれとも付き合いのない一人暮らしの男性 



身寄りは35年前に親の離婚で別れ別れになった長男



DNA鑑定で限りなく親子に近いとの判定が出る 



東京から三陸にその男性がやってくる 小学校5年生のとき別れたきり 音信不通の父



その遺骨を引き取るか 地元で共同墓地に入るか



迷いに迷い その男性は 生前父が住んでいた 今は草の生い茂る空き地を1時間さまよう



結局その男性は 父親のさみしかったろう気持ちを思い 遺骨を引き取り東京に戻っていく



見ているほうも 涙 涙・・



何カ月か後に 捜査本部に 「お墓を買います みなさんのご苦労に感謝します これからも行き先のないお骨の捜査 大変なご苦労でしょうが頑張ってください」との内容の手紙が届く



そういう声が一番の励ましになると 結んでいました



震災から1年8カ月が経ちますが まだまだ 行方不明の方々がたくさんいて その捜査にご尽力されている方々もたくさんいらっしゃることが よくわかり そのご苦労に仕事とはいえ 本当にありがたいと思わずにいられませんでした



 ←クリックお願いします!
にほんブログ村